弁理士の仕事内容

弁理士になるためには、弁理士の仕事内容について知っておきたいところです。その中でも、特許事務所などいくつか種類があることをまず把握しておきましょう。

相談特許や実用新案、商標といった手続きは、特許庁または経済産業大臣に対して行われます。これらの業務が行われるための事務所が特許事務所で、処理する役目を持っているのが弁理士です。弁理士は離婚や相続問題を行う弁護士などとは役割が異なり、産業財産権にまつわる事務手続きはすべて弁理士が代理で行うことができます。特許法等に規定されている訴訟に関係する訴訟代理などです。発明者個人が自分で手続きを行うこともできるのですが、煩雑な処理と知識が必要となるため、弁理士に依頼したほうが確実と言えるでしょう。弁理士は国家資格のひとつであり、主な仕事の場は特許事務所です。しかし、離婚や相続問題に関しては社会生活で起こり得るものなので、弁護士に相談をするようにしましょう。

弁理士は特許などの権利取得からトラブルの解決までにかかわるすべての手続きを代理できます。このほかにもいろいろと手続きをおこなうことができるようです。弁理士になるには資格を取得する必要があります。難易度としても、国家試験の中では最高クラスに入り、一発で合格をすることは相当むずかしいです。しかし、合格をして、弁理士になることができれば、年収などもかなり期待できます。

《関連サイト》弁護士に離婚相談-小原法律特許事務所